スキー場情報Blog おぐおぐのスキー日和

ファミリー、初心者向けに関越道、上信越道沿いのスキー場情報を徒然なるままにお伝えします。

パルコール嬬恋(2016.2.4&2.28、2018.2.20追加)

パルコールつま恋のリフト券情報やコース、ゲレ食、無料休憩所の情報を行った感想と共にお伝えします。

f:id:sanukchr:20190522221439j:plain

f:id:sanukchr:20190522221508j:plain

パルコール嬬恋の口こみ情報

日曜日が小学生以下子供無料、いつでもすいているという口コミから行ってみました。ホテルが経営するスキー場です。

パルコール嬬恋のリフト券、割引クーポン 

大人4200円 子供2700円
・クーポン(HPにあり)リフト券+昼食券(1000円)+ワンドリンク付きで4800円
・前売り 2900円
前売りを買わなくても12月頃公式HPで早割クーポンが出ていて印刷をしておいて、当日持って行き支払えばいいという3000円のクーポンが出ていました。(2018.1の情報)

毎週日曜日、祝日子供無料!
キッズデークーポンを印刷していかないと無料になりませんので、忘れずに(2018.1の情報)

パルコール嬬恋のリフト 

5本(うちゴンドラ1本)

パルコール嬬恋のコース 

16コース 初級40% 中級50% 上級10%
中級と言ってもそんなにきつくはなく、何回か滑ったことのある人なら滑れる程度です。

上級コースに至っては「これが上級?」と思うほどの緩やかなコースでした。急なのも(急でもないですが)ほんの一瞬でうちの子でも直滑降で行けます。この程度なら初級と示すスキー場もあるのではないかと思います。そのため、中上級の人にはつまらないと思います。上の写真は上級の樹氷プレストです。樹氷が本当にキレイでした。

パルコール嬬恋の無料休憩所

f:id:sanukchr:20190522221647j:plain

無料休憩所があるのは有り難いですね。以前は飲食もできたのですが、2018年には飲食禁止になったいました。残念…

f:id:sanukchr:20190522221809j:plain

f:id:sanukchr:20190522221841j:plain

こちらはファミリー専用の無料休憩所
同じく昼時には人がいっぱいで、私たちが行ったときには1、2歳位の小さい子が沢山いました。

f:id:sanukchr:20190522221906j:plainゴンドラの頂上にも無料休憩所があります。平日はストーブがついていませんでしたが、日曜日にはついていました。眺めがいいですが、人はあまりいません。

パルコール嬬恋のロッカー情報

f:id:sanukchr:20190522222008j:plain

パルコール嬬恋のレンタル

f:id:sanukchr:20190522222121j:plain

サロモンステーションがありました。GALAにはなかった今年のモデルがあったと夫が言っていました。

パルコール嬬恋のゲレ食

ホテル内に2ヶ所あります

パルコールカフェ

f:id:sanukchr:20190522222323j:plain

f:id:sanukchr:20190522222432j:plainメニュー数が少ないのが残念。でしたが、2018年には以下のようなメニューになっていました。

f:id:sanukchr:20190522222534j:plain

f:id:sanukchr:20190522224240j:plain

チップロール

f:id:sanukchr:20190522224551j:plain

f:id:sanukchr:20190522224633j:plain

・バラギゲレンデの方にも一箇所あるようです。

パルコール嬬恋のキッズコーナー

f:id:sanukchr:20190522224713j:plain

f:id:sanukchr:20190522225153j:plain

f:id:sanukchr:20190522225214j:plain

入場には800円かかります。5歳以下は無料です。ソリコーナー、エアー滑り台は何処も一緒ですが、ここはなんと、追加料金なしで、チュービング、スノーモービルが出来るのです!スノーモービルに至っては子供が運転することも出来ます。しかし、うちの子は上手く出来ず、お兄さんに運転してもらってました。(写真を撮り忘れたのが残念)

パルコール嬬恋へのアクセス、雪道

首都圏からの行き方関越道の渋川伊香保でおりて下道で行く、上信越道の軽井沢からおりて下道で行くと何通りかあるようですが、口コミを見るとどうやら関越の渋川伊香保インターから行った方があまり雪道を通らず、料金も安く行けるようです。上信越の軽井沢から鬼押しハイウェイを通るルートもありますが、山道で、雪道が心配な人は避けた方がいいみたいです。どちらも時間的にはさほど変わりませんが、どちらも下道が1時間半くらいあります。

関越道の渋川伊香保でおりて行くルートは万座駅前を通り、嬬恋に向かいます。標識や看板が親切に沢山あるので、それ通り行けば迷わず行けます。

f:id:sanukchr:20190522225856j:plainここが注意です!「ようこそ嬬恋」みたいなゲートが見えるのですが、メインはこちらではないので、このY字は右へ。こちらはバラギゲレンデで、一応パルコール嬬恋の一部のようなのですが。ゴンドラに乗るにはリフトを乗り継いで行かないといけません。

混雑時はもしかしたらこちらにまわされるかもしれません(そんな時があるのかどうか・・・)

f:id:sanukchr:20190522230005j:plain
こちらがメインの駐車場です

f:id:sanukchr:20190522230239j:plain2月初旬平日の駐車場の埋まり具合です。日曜日に来た時には8時半には3分の1が埋まっており、お昼には殆んど埋まるくらい止まっていました。

f:id:sanukchr:20190522230310j:plain
帰りの道ですが、少し雪が残っていました。この日は晴天が続いた後だったので、道に雪はありませんでしたが、YouTubeにはかなり雪が積もっている動画もありました。山を上るので雪が積もっているとうちのFF軽自動車だときつそうです。この日は帰りは鬼押ハイウェイ→白糸ハイランドウェイを通り、軽井沢に出て帰りました。もう道には殆ど雪はありませんでしたが、トップシーズンだったらきっと雪があるのでは?と思うような道でした。また、どちらも有料道路で、計3箇所料金所があったので、何だか交通費がかかったような気分になりました。しかし、白糸ハイランドウェイの料金所ではカイロを4つ(乗車人数?)もくださり、その心遣いがとても嬉しかったです。

途中、白糸の滝付近の氷柱がライトアップされていたので、まあたいしたことはありませんが、せっかく行ったので寄り道してみました。もう少し明るければ白糸の滝まで堪能できたのに・・・

f:id:sanukchr:20190522230336j:plain余談:パルコール嬬恋のHPについて

スキーシーズンが始まってからほぼ毎日HPをチェックしているのですが、オープン間際になっても全く更新されず、オープンするのかしないのか3日前位にならないとわからないという状況でした。特に今シーズンは雪が少ないので、気になっていた私にはなんとももどかしい感じでした。オープンしてからも更新は1週間に1回あればいい方で、コースがどんな感じなのか、雪は積もったのかなど、全くわからない状況がずっと続きました。他のスキー場はオープンすればほぼ毎日更新、特に早いところでは5時半には更新される所もあるというのに、今時、HPやfacebookでのリアルタイムの情報が殆どないのは、スキー場のやる気がないとしか思えないので、この点はとても残念です。

パルコール嬬恋の口コミのまとめ

標高が2000メートルを越えるため、群馬にも関わらず雪質がいいです。斜度は緩めなので、初中級向けです、中級以上の人にはつまらないと思います。

インターから遠いからか、休日でもすいています。私が行った平日に至っては多分50組もいないくらいしかおらず、プライベートゲレンデのようで、経営が心配になってしまうほどです。

また、キッズエリアがとても充実しているのも特記する点です。スノーモービルやチューブなどが追加料金無しで楽しめるなんてなかなかないです。そして子連れのための無料休憩所も充実しているので子連れには特におすすめです。

インターから遠いこと、HPの更新が殆どされないことを除けば、毎週日曜日は子供無料、無料休憩所、キッズエリアが充実している、眺め、雪質とも良い、コースが広く初中級にはちょうどいい斜度、何と言ってもすいている!ということで、評価は高めです。