スキー場情報Blog おぐおぐのスキー日和

ファミリー、初心者向けに関越道、上信越道沿いのスキー場情報を徒然なるままにお伝えします。

早割リフト券の安いスキー場【2019-2020シーズン】

f:id:sanukchr:20191026115244j:plain

10月に入り、早割リフト券も出揃ってきましたのでリフト券情報をアップしたいと思います。早割リフト券の購入先については別で書いていますのでそちらを参考にしてください。

www.oguogu-ski.com

早割リフト券の安いスキー場【2019-2020シーズン編】

早割リフト券の安いスキー場ですが、私の感覚だと2千円代だと安いかなという感じです。関越沿いの新潟県のスキー場は2千円代のところが多いです。
また、共通券で出しているもの(例えばプリンス系、マックアース、水上、湯沢、ぐんま10、信越等)も多数ありますが、だいたいは個々のスキー場で買った方が安いです。例外的に野沢温泉は早割リフト券が出ず、志賀高原の全山は早割がさほど安くないので、『信越自然郷38スキー場共通』を買った方が安いです(5枚で23000円)。
ただ、どこへ行くか決まってない、シーズンに入ってから雪の様子を見てという場合には正規料金よりは安いので買っておいてもいいかもしれません。

早割リフト券の一覧は下記の記事でまとめています。

www.oguogu-ski.com

上記から2000円代で購入できるリフト券をピックアップしました。他でも書きましたが、くれぐれも安いだけでスキー場を選ばないでくださいね。コース数が少なかったり、上級ばかりで滑れるコースが少なかったりすることがありますので、よく調べた上で購入してください。

一覧について

取り扱い店 ①WINTER PLUS ②Snow navi SURF&SNOW ④冬スポ ジョルダン ⑥石井スポーツ ⑦アルペン
大=大人 小=小人 シ=シニア ランチ付=ランチ券や施設利用券がパックになっている

赤字=特に安いもの

早割リフト券の安いスキー場

  スキー場 価格
群馬 ホワイトバレー 大2800 3枚8100    
奥利根 大2800  
1400円付3700            
たんばら 大2500 大3000     大3000
万座 大2600  
新潟 岩原 大2800 小1500  
上越国際 大2900 小1600
湯沢中里 大2900小1600 
A大1+小1=4400          
GALA 大2900      
神立 大2900 平日2500  
ムイカマチスノーリ 大2500 スマイル共通のみ  
A大1+小1=3700        
NASPA 大2800 小2200       
シ2500              
湯沢高原 大2800 小1990      
六日町八海山 2回分5000 大3200
キューピットバレー 大2800    
ランチ付3000          
赤倉温泉 大2800 3枚7500  
ランチ付3800    
池の平 大2900    
ランチ付3200            
長野県 八千穂高原 大2500 平日2000    
ヤマボク 大2000            
タングラム 大2600 小1800 大のみ      
ランチ付3600 小2800            
戸狩 大2800 小1000   大人のみ
黒姫 大2800           小シあり
さかえクラブ 大2300            
野麦峠 大2500        
白馬乗鞍 大2900 小2100         大人のみ
ランチ付3900            
鹿島槍 大2900  
ランチ付3500            

早割リフト券の安いスキー場のまとめ

新潟県は2000円代が多く割と安めです。特にムイカマチスノーリゾートは大人、小人のペアで3700円なのでファミリーにはおすすめです。長野県内は規模が大きいので2000円代の早割はかなりお得かなあと思います。ヤマボクやさかえクラブはかなり安いですが、非圧雪が特徴の特殊なスキー場なので、安いだけで選ばない方がいいかと思います。

毎回書きますが、安いだけで選んでしまうとコースが少ない、滑れるコースがない、ファミリー向けではなかったと残念な結果になってしまうこともあるので、必ずスキー場の情報をチェックしてから購入することをおすすめします。

リフト券を早めに安く手に入れて今季のシーズンに臨みましょう。