スキー場情報Blog おぐおぐのスキー日和

ファミリー、初心者向けに関越道、上信越道沿いのスキー場情報&お得なリフト券情報などをお届けします。

【かぐらスキー場レポート】意外と初級も楽しめるスキー場

中上級者に人気と思いきや初級でも楽しめたかぐらスキー場に行ってきました。リフト券情報やコース、ゲレ食、無料休憩所の情報などを行った感想とともにお伝えします。

f:id:sanukchr:20190523232253j:plain

かぐらスキー場情報(2016.3.16)

かぐらスキー場は新潟県の中でも標高が高いため早くからオープンしてゴールデンウィークまで長い期間楽しむことができます。そしてコース数もかなり多く、初級から上級まで楽しむことができます。

かぐらスキー場のリフト券、クーポン情報 

大人4700円4900円 中高生3800円4000円 シニア4200円4400円 
小学生は毎日無料!

関越自動車道上里サービスエリアでチケットを購入することができます。

1日券4000円(2018シーズン情報)

早割リフト券 苗場&かぐら2枚セット6500円~6800円

かぐらスキー場のリフト 

20本(ロープウェイ2本、ゴンドラ1本、クワッド5本、ペア12本)

かぐらスキー場のコース 

23コース 初級45% 中級35% 上級20%
中上級の人が行くスキー場というイメージだったのですが、意外と初級コースもたくさんあり、初級から上級まで楽しむことができます。初中級の私でも滑れる中級も多く、楽しむことができました。ただ、コースが複雑で、地図を広げながらでないとコースが把握できません。ロープウェイから遠くまで行ってしまうと帰ってくるのに1時間位かかるので注意が必要です。行く際には予習をしていくことをおすすめします。

エリアはみつまたエリア、かぐらエリア、田代エリアと3つのエリアに分かれています。自分がどのエリアで主に遊ぶかで、みつまたの駐車場か田代の駐車場か決めるといいかと思います。

初級を楽しむだけなら一つのエリアでも十分かもしれません。飽きたら少し横移動する程度で。初級の人がみつまたからかぐら、田代エリアへ移動した場合、帰ってくるのに中級コースを通らなければなりません。私には結構急に見えたので、やり始めたばかりの人はお気をつけください。

田代エリアは初級コースも多いので、初級でも楽しむことができるのでおすすめです。中級を通りたくないなら田代エリアの駐車場に止め田代エリアを中心に滑るといいです。

かぐらスキー場の無料休憩所

無料の休憩所が至るところにあります。ただ、駐車場付近ではないので休憩所で持ち込みで昼食をとる場合にはお弁当を持って滑らなければなりません。

f:id:sanukchr:20190523232318j:plain

f:id:sanukchr:20190523232336j:plain

 畳のスペースもあるので、足を伸ばすこともできます。暖房もきいているのでポカポカです。

かぐらスキー場のゲレ食

レストランは何件も点在しています。どこもスキー場並の値段設定です。今回食べたのは田代エリアにあるとんかつ屋さん。

f:id:sanukchr:20190523232359j:plain

f:id:sanukchr:20190523232425j:plain

f:id:sanukchr:20190523232442j:plain

 タレカツは柔らかくお肉ではないような程でした。味はまあまあという感じです。

かぐらスキー場へのアクセス・雪道

関越自動車道湯沢インターから8キロ10分。みつまた駐車場が一番近いですが、休日には8時には埋まってしまうという情報もありました。そこから15分位行った田代駐車場もあります。みつまたが満車の時は田代に行くと空いていることもあるようです。どちらもそこからロープウェイでゲレンデにあがります。

f:id:sanukchr:20190523232512j:plain

平日のみつまたの駐車場は8時過ぎでしたが、結構止まっていました。平日ですが最終的には3分の2位は埋まっていました。

月夜野インターからも行けますが、なだらかな山道を結構な距離走らないといけません。日陰も多く、雪の降っている日はちょっと怖いと思いました。時間はかかりますが、雪道に自信がなければ湯沢インターから行った方が下道は短いのでいいかもしれません。

かぐらスキー場の私の感想

3月にも関わらず、前日に雪が降ったため、パウダーとまではいきませんでしたが、湯沢エリアにしてはまあまあ雪質は良かったです。

コースはバリエーションに富んでおり、飽きずに楽しめます。ただ、エリアが3つもあり、横移動をしながら別のエリアに行くので、少々コースが複雑で、地図が見れない人はちょっと大変かもしれません。夫は先の見えない日に行ったので、どこがコースかわからず、帰るのに大変な思いをしたようです。天気のいい日に行けば眺めも良く、コースも豊富でとても評価の高いスキー場です。中上級者に人気のスキー場という印象ですが、田代エリアは初級コースが多いので、意外と初級者でも楽しめます。

標高が高いので早くにオープンし、例年5月まで営業しています。今年は雪不足なのでどうなるかわかりません。現在標高の低い新潟のスキー場はもう滑れなくなってきれいるので、標高の高いかぐらや苗場にこれから集中するかもしれません。まあ、集中してもゲレンデは広いので混み合うことはそうそうないと思いますが、駐車場が止められるかどうか…。ですので、できるだけ早く到着することをおすすめします。関越も渋滞しますし。

余談…

私は帰りの滑りの最中に転び、パトロールを呼び、スノーモービルが来るかと思いきやスノーボートが来て、人力で運ばれとても怖い思いをしました。ボートに全身を覆われ、顔も隠されるので、どこを滑っているのかどういう状況なのか全くわからないので、かなり怖かったです。帰りには急な中級コースを行かなければ帰れないことも知っていたので、あの斜面を引っ張られているのかと想像するだけでかなりの恐怖で涙が出そうでした。せめて顔の部分がメッシュになっているとか外が見えるといいのにと思いましたが、それはそれで怖いのかも。診断の結果は膝の骨折でした。今季最後のスキーがこんな形で終わるとは…来年滑れるようになりますように…