スキー場情報Blog おぐおぐのスキー日和

ファミリー、初心者向けに関越道、上信越道沿いのスキー場情報を徒然なるままにお伝えします。

軽井沢プリンスホテルスキー場(2015.12.25)

軽井沢プリンスホテルスキー場口コミ情報(2015.12.25)

軽井沢プリンススキー場のリフト券情報やコース、ゲレ食、無料休憩所の情報などを行った感想とともにお伝えします。

f:id:sanukchr:20190517222042j:plain

いや~今年の雪不足はひどいですね自然現象だから仕方ないですが。

以下今回の報告です。

軽井沢プリンスホテルスキー場のリフトの本数 

運行していたのは9本中、5本のみ(頂上へ行く高速リフトは23日より運行されたばかり)

軽井沢プリンススキー場のリフト券、割引クーポン

プリンス系は小学生以下がなんとリフト券無料なんです!

これは子連れにはかなり大きいです!

大人料金は現地で普通に購入すると5300円、公式HPにクーポンがあり、1日券とソフトドリンクが付いて5200円、平日は何と昼食券1000円分が付いているので、これを使わない手はありません。
シーズン前に早割リフト券を購入すると3500円で購入できるので、休日に行くなら早割が一番お得かと思います。

軽井沢プリンスホテルスキー場のコース 

10コース中、初級コース5コースのみしかオープンしていませんでした。

f:id:sanukchr:20190517222454j:plain

f:id:sanukchr:20190517222547j:plain

リフトの下には雪がありません。 

雪質

殆ど人口降雪機による雪、パウダーではなくザラメのような感じで春スキーのような雪質でした。しかし、少ないですがサラサラで滑りやすい箇所もありました。

 

ゲレンデの混み具合 

冬休みに入ったためか小学生以下の子供がとても多かったです。キッズスクールも沢山開催しており、避けるのが少し大変。例年よりも人は少ないと思われますがコース数が少ないため、集中してしまいゲレンデに人が多いように感じました。

f:id:sanukchr:20190517222705j:plain  

軽井沢プリンススキー場のゲレ食

ゲレンデの広さに対してレストランの数が少ないです。無料休憩所もないので、寒い時や疲れた時に避難できないのがちょっと小さい子連れには辛いですね。

・レストランポルト…プリンスホテルのレストランです。ブッフェ形式で大人2200円、子供1300円、幼児800円

・レストランアゼリア…スキーセンター(レンタルがある)の2階にあるレストランです。ギガトンプレートが名物のようです。

f:id:sanukchr:20190517222127j:plain

アゼリアのメニュー


・トラットリアプリモ…行列のできるイタリアンだそうです。センターハウスの2階です

f:id:sanukchr:20190517195207j:plain

トラットリアプリモのメニュー


・うさぎ山キッチンハウス…うさぎゲレンデの麓にあるフードハウス。

カレーライス800円、牛丼1000円と他に比べてお安いですが、建物がほったて小屋のような感じで、うちの子達は「あそこはヤダ~」と言っていました…。

・ファミール・ド・軽井沢…センターハウスの脇にあるキッチンカーのケバブ屋さん。

キッチンカーなので、食べるのは外になります。この日は暖かかったので、外でも食べれましたが、真冬は厳しいかも、いや出店しているのかしら?

ケバブ600円、ナンラップ700円(だったかな)

f:id:sanukchr:20190517222251j:plain

f:id:sanukchr:20190517222320j:plain
スキー場とは思えないこの光景…ぽかぽか陽気で気持ちがいいです。

・フォレストカフェ…ケバブ屋さんの隣にあるハンバーガー屋さん。

ハンバーガーセット(ポテト、ドリンク付き)1000円、ポテト300円

f:id:sanukchr:20190517222349j:plain
この他にお蕎麦屋さんとホットドック中心のSNOW BARがあります。どこもお昼時はいっぱいになってしまうので、もう少しレストランがあるか、大きな無料休憩所のようなフードコートのような場所があるといいですね。お弁当を持って行くなら車の中になってしまいます(T▽T)

駐車場

冬休みとはいえ平日&コース数が少なかったためか9時30分に着きましたが、駐車場はガラガラでした。

 

なぜ初滑りで軽井沢プリンススキー場か

うちが初滑りでカルスキを選んだのは人口降雪機があり、12月中でも雪があり(例年は)、初級コースが充実しているため初滑りには良いと思い選びました。しかし、今年は雪不足…。標高の低いカルスキはいくら人口降雪機があるとはいえ、追いつかない状況。このような状況なら標高の高い新潟のかぐらの方が滑れるので、かぐらにしようとしていたのですが、生憎の雪予報。コースの少ない晴天のカルスキにするか、コースが沢山あり、雪質の良い雨&雪のかぐらにするかかなり迷いましたが、やはり天気が良い方がいいということでカルスキに決めました。結果、天気の良い方を選んで良かった、コースが少ないとはいえ、5コースあればスキーを始めたばかりの我が家ではそれなりに楽しめたということでこの選択は正解だったと思います。やはり小さい子連れは天気が良いのが一番!

 

覚書として今回の出費  

大人2人 小学生2人  16000円+ガソリン代

リフト券 早割3500円×2人=7000円

食事   ランチ 3260円 夕飯3800円(帰路のファミレス)

交通費 高速代 吉井ICー軽井沢IC(軽自動車) 1040円×2=2080円

 

f:id:sanukchr:20190517222915j:plain
テニスコートが見えます。シートを広げてお昼を食べている家族もいました。まるでピクニック!

早く天然の雪で全コースがオープンするといいですね

 

情報は2015年12月25日現在のものです。