スキー場情報Blog おぐおぐのスキー日和

ファミリー、初心者向けに関越道、上信越道沿いのスキー場情報を徒然なるままにお伝えします。

舞子スノーリゾートの口コミ(2016.3.12)

舞子スノーリゾートのリフト券情報やコース、ゲレ食、無料休憩所の情報を行った感想とともにお伝えします。

舞子スノーリゾートの口コミ(2016.3.12)

f:id:sanukchr:20190523230954j:plain

若者に人気の舞子スノーリゾートに行ってきました。

舞子スノーリゾートのリフト券 

大人4700 子供2900 シニア4200


舞子スノーリゾートのリフトの本数 

11本

舞子スノーリゾートのコース 

26コース 初級40% 中級20% 上級20%

舞子は舞子エリア、長峰エリア、奥添地エリアに分かれています。

日帰りで利用する場合には日帰りスキーセンターを利用すると思うので、そこからすぐの長峰エリアにまずは出ます。長峰エリアは初級、中級コースが中心ですが、下の初級コースはかなりなだらかです。ゴンドラで頂上まで行って滑ってくる初級コースは途中から林間コースのようになり、狭いので、人の多い時には渋滞のようになってしまいます。

初級コースを滑るなら舞子エリアがバーンが広くておすすめです。特にパラダイスコースは気持ちがいいです。したのファミリーコースはかなりなだらかなので、初心者にはおすすめですが、経験者には物足りないと思います。この日は中級コースに行かなかったので、どの程度の斜面だったのかわかりませんが、中級まで滑れれば、コース数が多いので楽しめるかもしれません。

舞子スノーリゾートのキッズエリア

キッズパークが2箇所あり、入場料が500円かかりますが、この時期はもう無料開放されていました。見た感じ狭く、え?これで500円?と思ってしまいました。キッズパークの他に舞子エリアにはソリ専用エリアがあります。ここは何と400メートル!!かなり長いので楽しいと思います。しかし、ここは舞子エリア。日帰りで車を止めたのは長峰エリア。ソリをするためには長峰エリアから舞子エリアまでゴンドラ、リフトを乗り継いでスキーをしながらソリを担いで来ないといけません。なのであえなく断念。初めからソリで遊ぶとわかっていたら舞子エリアにも日帰り専用の駐車場があるので、こちらに止めた方がいいでしょう。もしくはソリをレンタルするか。

舞子スノーリゾートの無料休憩所

日帰りスキーセンターの施設は充実しています。

f:id:sanukchr:20190523231021j:plainここは狭いですが無料休憩所のようになっています。ここなら持ち込みもできそうです。向かいはフードコートのようになっているので、そこも何も注文しなくても休憩できそうです。

舞子スノーリゾートのゲレ食

スキーセンターのフードコート

スキーセンターはフードコートのようになっています。

f:id:sanukchr:20190523231045j:plain

f:id:sanukchr:20190523231102j:plainフードコートのような感じなので、ここで休んでいても持ち込んでも大丈夫そうです

マウンテンレストラン

私達が食べたのは、ゲレンデの中腹にある『マウンテンレストラン』。ちょっとお高めです。

f:id:sanukchr:20190523231131j:plain

f:id:sanukchr:20190523231154j:plain

ピザ1400円

ちょっと高いですが、味も美味しく、特にピザはちゃんと焼いているようで、味的には満足でした。レストランが沢山点在しており、この規模のスキー場ではレストランの数が割と多いだと思います。

舞子スノーリゾートのへのアクセス、雪道 

関越自動車道 塩沢石打ICから1キロとアクセス抜群 そんなに坂道もありません。前述しましたが、ソリをするなら日帰りスキーセンターではなく舞子エリアの方の駐車場に止めることをおすすめします。

朝は関越道が渋滞するので、早めに出たつもりだったのですが、花園インター6時通過は考えが甘かったです。赤城当たりから既にノロノロ、雪不足の年の3月だというのに…。花園から1時間半で着くところ2時間かかりました。この程度の渋滞で済んで良かった~

舞子スノーリゾートの口コミのまとめ

一番特記すべきは、スノボの若者が多いということです。しかも暴言をかなり吐かれました。子供が通ると「チッ」と言われたり、「スキー邪魔なんだよ!」「このクソババア!」などなど。子供はぶつかりそうになった若者にリフトの上から雪を落とされました。なので、このスキー場には二度と行きません。スキー場には何の責任もありませんが、若者の多いスキー場はいくつも行きましたが、このような暴言を吐くような若者がいるスキー場はありませんでした。しかも一度ではなく、何度も…。

なので、ファミリーにはおすすめしませんが、ソリをするだけならソリ専用ゲレンデがあるので、いいかもしれません。