スキー場情報Blog おぐおぐのスキー日和

ファミリー、初心者向けに関越道、上信越道沿いのスキー場情報&お得なリフト券情報などをお届けします。

【菅平高原スノーリゾート】バーンが広すぎ!高原を滑れるスキー場

菅平高原スキー場に行ってきました。リフト券情報やコース、ゲレ食、無料休憩所の情報を行った感想とともにお伝えします。

f:id:sanukchr:20190621165030j:plain

菅平高原スノーリゾート情報(2017.2.2)

長野県上田市にある昔からある広いスキー場です。長野県の中でも首都圏から割と近いので長野県でも日帰りで行けるスキー場の一つです。

菅平高原スキー場のリフトの本数 

18本(クワッド4本、トリプル7本、ペア7本)

菅平高原スキー場のリフト券

1日大人4400円4800円、小人2700円2800円、中学生・シニア3800円、キッズ1000円

早割リフト券大人3700円

裏ダボスのエリア券、日の出、天狗ゲレンデのみのリフト券もあるようです。

菅平はパインピークというスキー場もあり、パインビークまで含めたリフト券もあります。現在はオールエリアチケットになり、パインビークも滑ることができます。しかし、パインビークは車でないと行けないので、移動が大変です。菅平高原スキー場だけで十分な広さがあるので、両方滑らなくてもいいかなと思います。

f:id:sanukchr:20190621164938j:plain遠くに見えるのが多分パインビークです。

菅平高原スキー場のコース 

初級20% 中級60% 上級20%

太郎エリアとダボスエリアに分かれていて、とっても広いスキー場です。運営会社も3社あるようです。ですので、ホームページを見てもちょっとわかりにくい感じです。

ダボスエリア

初級ならダボスエリアがおすすめです。中級もわりと優しめの中級です。バーンが広く、高原という名にふさわしく、高原を滑っているような感じでした。広すぎて目がくらみそうでした。菅平は噂には聞いていましたが、学校のスキー教室がとても多かったです。普通ならスクールが多いと滑りにくいのですが、菅平は初級のバーンがとってもとっても広いので、スクールが沢山いても全く邪魔にはなりません。上から見るとまるでアリのようです。

ダボスエリアの中でも私のおすすめはシュナイダーゲレンデです。いつ行っても人がいません。リフトがもったいない位です。ここにはカメラが設置されていて、滑る終えると何秒か前の映像が映し出され、滑りを確認することができます。初中級の人が練習するにはいいバーンなのでぜひ行ってみてください。

太郎エリア

太郎エリアは中上級が多く、初級は林間コースといった感じです。太郎エリアの中級は初中級の私にはちょっと急でした。中上級の方が練習するにはよさそうなバーンでした。

f:id:sanukchr:20190621165006j:plain
写真を撮っているのはダボスエリア、向かいに見えるのが太郎エリア。

菅平高原スキー場のゲレ食

大きなスキーセンターのようなものはなく、小さなレストランが点在していました。スキー場内だけでなく、スキー場沿いの道にも沢山食堂はあったので、食べるには困らなそうです。道沿いにはおしゃれなお店も沢山ありました。

f:id:sanukchr:20190621164745j:plain
ここは裏太郎エリアの駐車場近くにあるお店です。

f:id:sanukchr:20190621164808j:plain
おしゃれっぽいけどちょっとスキー場価格かな

菅平高原スキー場の無料休憩所

無料休憩所は日の出ゲレンデにしかないようです。行かなかったので写真はありませんが、靴を脱いでくつろげるスペースやきのこ汁のサービスがあるようです。無料更衣室は至るところにありますが、とても小さいです。

f:id:sanukchr:20190621165705j:plainここは裏太郎エリアの駐車場にある更衣室です。狭いですが、ストーブがありポカポカでしたが、お弁当を食べる雰囲気ではありませんでした

菅平高原スノーリゾートのアクセス、雪道

上信越道上田菅平インターから20km、約30分で、山は登るものの、そんな急な坂道ではありません。ですが、ですが、ですが、この日は晴れていたのですが、夜に少し雪が降ったようで、道が凍っていて、とても怖い思いをしました。しかも、山に入る前の国道が凍っており、スタッドレスでもツルツル滑ってしまいました。ブラックバーンてやつです。事故っている車やお尻を降って進まない車など何台も見かけました。うちも怖かったので、途中でチェーンを巻きました。なぜか山道に入ってからの方がスムーズに登れました。やはり雪道は怖いですね。

f:id:sanukchr:20190621164727j:plain除雪はされているものの真っ白。1日晴れていましたが、帰りでもこんな感じでした。↑

f:id:sanukchr:20190621165850j:plain前日は晴れていましたが、朝はこんな感じでした。↑

菅平高原スキー場の駐車場

駐車場ですが、何箇所かあるので、滑るエリアによって止めるといいかと思います。私はダボスエリアで滑ろうと思っていたので、ちょっと奥へ入った裏太郎エリアにある駐車場に停めました。道路を渡って向かい側がダボスエリアなので、どちらにもアクセスがいいので、こちらにしました。ここの駐車場、看板が見えにくいので、わかりずらいです。裏ダボスのリフトを過ぎて十字路まで行くと左に広い駐車場があるので、そちらです。私達、わからず、手前の宿の駐車場に停めてしまいそうになりました。裏ダボスにも駐車場があるのですが、プリンスホテルのところを曲がった後は除雪ではなく、圧雪だそうです。

菅平高原スノーリゾートの私の感想

とにかくバーンが広いです。特にダボスエリアの初級コースは高原がそのままスキー場になったようです。滑っていてとても気持ちがいいです。他のスキー場では味わえない一味違った雰囲気のスキー場です。

スキー場は広いので行く前にコースのチェックをして、どのエリアを滑るか見当をつけて行った方がいいと思います。初級ならダボスエリア、中級以上なら太郎エリアがいいかと思います。おしゃれな感じはなく、レトロな昔ながらのスキー場という感じです。大きなセンターハウスのようなものがなく、無料休憩所が各エリアにないのは残念。休むときは食堂に入らないといけなそうです。雪質は良く、また来たいと思えるスキー場でした。次はスノーキャットに乗った感想はまた別でアップします。

それにしても、凍った道は怖かった~