スキー場情報Blog おぐおぐのスキー日和

ファミリー、初心者向けに関越道、上信越道沿いのスキー場情報&お得なリフト券情報などをお届けします。

【YAMABOKUヤマボクワイルドスノーパーク】非圧雪天国

ちょっとマイナーなスキー場、ヤマボクワイルドスノーパークに行ってきましたのでリフト券情報やコース、ゲレ食、無料休憩所の情報などを行った感想とともにお伝えします。

ヤマボクワイルドスノーパーク

ヤマボクワイルドスノーパーク

ヤマボクワイルドスノーパークの情報

非圧雪が70%ということで、非圧雪好きの夫が見つけてきました。マイナーなスキー場なので情報もあまりなかったのですが、非圧雪が好きな人、自然の中を滑っている気分が味わいたい人にはかなり楽しめるスキー場でした。人数限定のコースがあったりタコチコースという全長13キロを滑るコースがあったりと他のスキー場では無いような楽しみ方もできます。

ヤマボクワイルドスノーパークのリフト

3本
3本しかないのにこんなに楽しめるスキー場はなかなか無い!

ヤマボクワイルドスノーパークのリフト券、割引クーポン

休日 大人3500円 小人2500円 シニア(55歳以上)3000円 

平日 大人3000円 小人2000円 シニア2500円

タコチコース リフト券+協力金1500円(土日、祝)

1.2月 第4金曜日1000円

各月1週目レディース・シニア 2週目スノーボーダー 3週目テレマーカー 4週目スキーヤー 5週目スノーモト・スノースクート 平日2000円 土日祝2500円

早割2000円ですが、クーポンは探したところありませんでした。うちは 信州キッズの500円割引き券があったのでそれを使用しました。

ヤマボクワイルドスノーパークのコース 

16コース 初級25% 中級45% 上級30%
16コースとはいえ、立ち入り禁止区域を除いてはどこを滑ってもいいのでどこがコースなのかいまいちわかりません。というか斜面全体がコースということです。自分でコースを決めて滑るのです。上級コースはかなり傾斜がきついようでした。

ヤマボクワイルドスノーパーク

ヤマボクワイルドスノーパーク

こんな感じに非圧雪になっておりどこを滑ってもいいのです。 

f:id:sanukchr:20190628230902j:plain

第3リフトはなんと一人乗り。急勾配もあり足がすくみます。

ヤマボクワイルドスノーパーク

頂上からなだらかな林間コースがあります。眺めがとってもいいです。 

f:id:sanukchr:20190628230946j:plain

木の間をショートカット。どこを滑っても可。

ヤマボクワイルドスノーパーク

Bumpsコース

ヤマボクワイルドスノーパーク

Airコース

何箇所かショートカットするような感じで非圧雪のツリーランのようなコースがあります。

ヤマボクワイルドスノーパーク

Vallyコース

ヤマボクワイルドスノーパーク

Screenコース

ヤマボクワイルドスノーパーク

Roseコース

非圧雪初心者でも滑りやすいというローズですが、ちょっと荒れていて滑りにくかったです。

ヤマボクワイルドスノーパーク

フォーフロスト

2019シーズンから新しくできた非圧雪のフォーフロスト。ツリーランのように木の間につくられているのですが、ターンができない位とても狭いです。

タコチツアーコース

名物のタコチツアーコース。ここを滑らないと来た意味がありません。第3リフトの頂上から山田温泉スキー場浄化センター(2020年シーズンより延長)までの標高差800mを滑り降りる全長13キロのツアーコース。スキー場の管理外なので自己責任で滑ることになります。山田温泉浄水センターからはシャトルバスに乗って戻ってこなければならないのですが、1日に4本しかないのでバスの時刻表を調べてから行きます。滑り初めてからだいたい1時間とのことだったので、その位を目安に滑り始めたのですが、最後600m上り坂を歩かなければならないのですが、そこが予想外に時間がかかるのです。危うくバスに乗り遅れるところでした。子どもがいる場合には余裕を持って出た方がいいです。2020シーズンからコースが延長され、600m歩かなくてすむようになりました!これはかなり嬉しい情報でした。コースが延長されたため1時間半は見た方がいいと思い、早めに出ました。うちは4人でゆっくり止まりながら滑るので結局2時間弱かかりましたが、サーっと滑れる人なら1時間半あれば十分だと思います。

ガイドさん付きのツアーもありますが、今回私達は自分たちで行きました。

ヤマボクワイルドスノーパークタコチコース

タコチコース

始めに上級者用の入口があります。

f:id:sanukchr:20190628230003j:plain

こちらがやさしい方の入口

ヤマボクワイルドスノーパークタコチコース

タコチコース

まずは草原のようなところを気持ちよく滑ります。

f:id:sanukchr:20190628231343j:plain

赤い旗があるので、それを頼りに進めば道に迷いません。

ヤマボクワイルドスノーパークタコチコース

タコチコース

しばらく行くと林間コースに出ます。夏は林道だそうです。

f:id:sanukchr:20190628230139j:plain

好きなところをショートカットしますが、だいたい滑りやすいところは滑った跡があるのでそこをたどりながら行きます。緩やかなところを選べば非圧雪初心者でも楽しむことができると思います。私たちの後ろにはボーゲンで滑ってくる人がいました。ショートカットは急だなあと思ったら林道で回り道をすればいいですが、かなり遠回りをさせられる場合もあります。

ヤマボクワイルドスノーパークタコチコース

タコチコース

今年(2020年)にはショートカットできるところには札がありました。ショートカットできる箇所は9か所ということですね。

f:id:sanukchr:20190628231519j:plain

最後は600m上り坂を歩いてゴールのバス停です。スキーやスノボを担いで上るのでヘトヘトです。これさえ無ければもう一度行きたいのですが。天気のいい日には汗だくになるので冷たい飲み物が欲しくなります。小さい子にはきついと思います。歩きやすいスノーブーツを担いで行くとか、何かいい方法はないかと思案中です。

2020年からはこの登り坂が無くなったので浄化センターというところまで滑って行きシャトルバスに乗ります。が、私が行った日は雪不足で400m歩くこととなりました。

ヤマボクワイルドスノーパークタコチコース

タコチコースゴール

ゴールには待合室と仮設のトイレがあります。

ヤマボクワイルドスノーパークタコチコース

シャトルバス待合室

シャトルバスは土日祝、特定日のみ運行だそうです。この日は満席でしたが、乗れなかった場合はどうなるのでしょう?シャトルバスでスキー場までは20~30分です。

浄化センターからのシャトルバスの時間(2020年シーズン)

11:00、12:35、14:05、16:20.

バスの運転手さん曰く12時代のバスが一番人が多いそうです。マイクロバスなので乗り切れない場合にはもう1台増便してくれるそうです。

2ndstage(セカンドステージ)

非圧雪のプライベートエリア。人数限定で草原のような非圧雪エリアを楽しめるそうです。リフト券込みで6000円。セカンドステージ滑走後はスノーモービルに乗りゲレンデに出てリフトで頂上に上がりまたセカンドステージへ。日曜日、祝日のみで7:30~8:00集合、15:30まで何度でも滑走可。雪の降った後は最高でしょうね。集合が早いので泊まらないと難しいかも。

スペシャルキャットプログラムというのもあり、セカンドステージを土曜日限定、人数限定(10名)で開放、セカンドステージ滑走後は圧雪車に乗ってパノラマゲレンデへ戻ってくるそうです。昼食付で最終滑走はタコチコースを滑って終了。料金は13000円。あの気持ちのいい非圧雪エリアも何度も滑れるなんて羨ましい!

ヤマボクワイルドスノーパーク

圧雪車

この他にもゲレンデの非圧雪エリアの秘密のスポットの案内と2ndstageを1回だけ滑れるプログラムやバックカントリーのツアーなどもやっています。他のスキー場ではあまり見られないようなツアーがあって面白いです。

ヤマボクワイルドスノーパークのキッズエリア

最高だったキッズエリアですが、2020年シーズンに行った時にはテントは設営されていませんでした。

今まで行った中で最高のキッズエリアだったのですが残念。何が最高かというと…

ヤマボクワイルドスノーパーク

キッズエリア

なんとテントがあるではないですか!!!

ヤマボクワイルドスノーパーク

中には薪ストーブがあり、コーヒーなどの飲み物をセルフですが無料で頂くことができます。

ヤマボクワイルドスノーパーク

子どもにはコーラのサービスも!!!

ヤマボクワイルドスノーパーク

ソリも無料で貸してくれます。このソリがスピードが出て楽しい!欲しい!

f:id:sanukchr:20190628231652j:plain

スノーエスカレーターなどはないので自力で登らなければなりませんが、中学生の娘もかなり楽しんでいました。

ヤマボクワイルドスノーパーク

キッズエリアそりコース

そしてテントの外にはイスとテーブルがあるので

ヤマボクワイルドスノーパーク

コーヒーを飲みながら遊ぶのを眺めていられます。天気のいい日はとっても気持ちがいいです。

こんな素敵なキッズエリアは他にはありません。移住してきた係の方の提案で実現したそうなのですが、斬新で快適でした。子ども達は気に入り、ここにいる時間が長く、夫だけ滑りに行ったのでした。

2020シーズンには残念ながら写真のような小屋と休憩場所にかわっていました。

ヤマボクワイルドスノーパーク

キッズ見守り小屋

中は畳が敷いてありました。暖房があるかは不明です。

f:id:sanukchr:20200229161443j:plain

天気もいい日はとても気持ちがいいです。

そりコースは増設されていました。

ヤマボクワイルドスノーパーク

そり専用ゲレンデ

ヤマボクワイルドスノーパーク

ロングそりコース

数は少ないですが、無料でそりやチューブ(みたいなもの)を貸してくれます。

ヤマボクワイルドスノーパーク

ヤマボクワイルドスノーパークのゲレ食

ゲレンデに近いところに何件か食堂や宿があります。ちょっと離れたところにもおしゃれなカフェやペンションのようなものがあります。

ヤマボクワイルドスノーパークゲレ食

見晴茶屋

ヤマボクワイルドスノーパークゲレ食

メニュー

チーズカレー1000円、カツカレー1000円、ラーメン700円、牛丼800円、肉うどん1000円、ざるそば700円など

ヤマボクワイルドスノーパークゲレ食

ニュー笠岳

ヤマボクワイルドスノーパークゲレ食

メニュー

カツカレー1100円、カレーうどん800円、ビーフシチュー950円、ラーメン700円など

ヤマボクワイルドスノーパークゲレ食

レッドウッドイン

ヤマボクワイルドスノーパークゲレ食

メニュー

チキンバーガーセット1500円、ステーキ定食1300円、ピザ1200円、キーマカレー1100円など。宿がランチもしているようです。なかなかおしゃれな雰囲気です。

ヤマボクワイルドスノーパークの無料休憩所

リフト券売り場と同じ建物の1階に無料休憩所、2階に更衣室があります。

ヤマボクワイルドスノーパーク無料休憩所

無料休憩所

ヤマボクワイルドスノーパーク無料休憩所

無料休憩所

暖房が効いていて快適です。昼時でもそんなに人はいませんでした。うちはここでお弁当を食べました。

ヤマボクワイルドスノーパーク

なんとお湯と電子レンジが!もしかしてスタッフ用???

ヤマボクワイルドスノーパーク更衣室

女子更衣室

女子更衣室。荷物は起きっぱなしにはできないようです。

ヤマボクワイルドスノーパークへのアクセス

上信越自動車道小布施のスマートインターから約30分位です。最後の方は結構な山道を登ります。

ヤマボクワイルドスノーパーク

ヤマボクワイルドスノーパークへの雪道

この日は天気が良く、前日もそれ程降っていなかったのですが、それでも道はこんな感じ。最後は急勾配になります。

ヤマボクワイルドスノーパーク

駐車場

ゲレンデ前の駐車場。一番近い駐車場です。あまり台数は止められませんが土曜日の9時でしたが、まだ数台止めることができました。この日はゲレンデには殆ど人はいませんでした。皆さんセカンドステージやタコチコースに行っているのでしょうか?

ヤマボクワイルドスノーパークの周辺情報

帰りに近くにある山田温泉に立ち寄りました。昭和レトロな雰囲気でした。

f:id:sanukchr:20190628231900j:plain

f:id:sanukchr:20190628231920j:plain無料の足湯があったので温まってから帰りました。

帰ってから知ったのですが、スキー場のすぐ近くの宿でも500円で日帰り入浴ができたようです。インターまでも何カ所も温泉地があり日帰り入浴ができ山田温泉の大湯、蕨温泉ふれあいの湯は大人300円、小・中学生150円で入浴ができます。詳しくはこちら

蕨温泉ふれあいの湯

蕨温泉ふれあいの湯

私は大湯はスキー場から近いためスキー客が多いかと思い、少しくだった蕨温泉ふれあいの湯に行きました。大人300円、小中学生150円はかなり格安。しかも思ったほど狭くなく露天風呂までありました。

ヤマボクワイルドスノーパークの感想

マイナーなスキー場ながら面白いツアーやコースがあったりなかなか工夫されているなあと思いました。何より非圧雪好きにはたまらないスキー場でしょう。その割には非圧雪を滑っている人はあまりいないし…。土曜日なのに人はいないし。ちょっと心配になってしまうくらいです。私は圧雪好きなのですが、10時でもグルーミングバーンが沢山残っていて気持ちよく滑れました。ただ行くなら絶対に雪の降った直後がいいと思います。直後でないとただ荒らされているだけのボコボコなスキー場です。私としてはキッズエリアのテントがなんと行っても気に入りました。そして、クローズの時間には蛍の光が流れるというレトロ感がたまらないスキー場でした。2020年シーズンより運営会社が変わったそうで少し様子も変わっていました。
今度はもっと雪の多い年のパウダーの時に行ってみたいです。

公式HP